保険相談おすすめランキング

保険相談ランキング | 無料でおすすめは?

保険相談おすすめランキング

みなさんは保険の無料相談を利用した事はありますか?
最近、TVのCMや大手ショッピングセンターなどでもよく目にする機会が増えたと思います。
実際、生命保険加入時や見直しに保険相談を利用する方が急増しています。
人気のヒミツは保険相談を利用すれば保険料の大幅カットが可能だからです。
当サイトでは、近頃人気の保険相談が無料のサービスを人気順で比較ランキングしているので生命保険加入や見直しに、ぜひご利用ください。

 ほけんの窓口  ほけんの時間  保険マンモス

安定した人気でおすすめ!

ほけんの窓口

速水もこみちさんと薬丸裕英・秀美夫妻のテレビCMでお馴染み、認知度No.1の来店型の保険相談無料サービス。

生命保険だけでなく、損害保険も幅広く相談できるのが強み。

 

日本全国に関連店舗500店舗以上で保険の新規加入や見直しの保険相談を行っています。

 

訪問型でおすすめ!

ほけんの時間

全国対応の訪問型保険相談

 

相談件数述べ30万件以上!保険相談を受けた方の96%が満足と回答しています。

 

WEBアンケートに答えて保険の無料相談をした人全員にJCBギフトカード6000円分貰えます!

 

 

安心の老舗!

保険マンモス

複雑な保険をビジュアルで解説!

保険料を3〜4割安くするテクニック満載!面談を受けた方の中で「数百万円の家計節約をされた方」が急増しています。

 

そのサービスメリットの高さが注目されメディアで多数取り上げられています。顧客満足度96%!

 

 

 

保険相談が人気の理由

 

以前は保険の知識がなかったり、調べるのが面倒だったりする事もあって≪親戚や友人、知り合いから勧められて義理人情で生命保険に加入する。CMで有名人も宣伝しているから安心≫というイメージで生命保険に加入するのが一般的でした。
しかし、最近では無料の保険相談を利用して賢く生命保険を選ぶ人が急増しています。

 

 フリーのFPが行う無料保険相談は、ここがイイ!

 

 多くの保険会社の保険の中から個対応でベストな生命保険を提案してもらえる。

 

 生命保険の組み合わせは自由自在!生命保険のいいとこ取りができる

 

 生活シーンに沿った的確な保険金額を設定でき無駄のない保障を組むことが可能。

 

 以上の結果、保険料の大幅な節約が可能

 

 イエローカード制の導入でしつこく勧誘をされる心配がない。

 

当然ですが特定の生命保険会社に属している保険外交員は自社の保険しかすすめません。自社の保険商品の中で一番あなたの希望に近い生命保険を勧めてきます。

 

それは希望に近いだけで希望そのものではありません。そこには、あなたのあまり必要としない余分な特約が入っている可能性が大なのです。

 

例えばCMで宣伝しているような日本の有名どころの4大生命保険会社の主力商品は主契約の保険+複数の特約保険のセット商品です。

 

生命保険のセット商品は、福袋と同じであまり必要でない特約も入っているのです。その余分な特約こそが保険料を高くする原因で毎月の負担となって家計を圧迫します。

 

保険の無料相談サービスのFPはどこの保険会社にも属さないフリーな立場のファイナンシャルプランナーですから、もっと自由にたくさんの保険商品の中から優れた保険だけを組み合わせて提案する事が可能です。
相談者の要望を聞いて必要な保険だけを組み合わせるので余分な特約が入ることはありません

 

また、保険会社を分散して生命保険に加入する事はリスク分散につながります。今の時代保険会社が破綻する事もあり得ます。多くの場合、救済保険会社が現れて助けるので保障はそのまま引き継がれるのですが救済保険会社が現れない場合は保護機構が引き継ぐことになります。

 

その場合は高予定利率契約を除き、破綻時点の責任準備金の90%までは保障してもらえますが残りは更生計画により決定されます。
つまり、補償額が目減りする可能性も出てくるという事です。

 

以上のことから保険会社を分散することはリスク管理という意味でも有効だと言えます。(もちろんひとつの会社の保険だけで生命保険を組むことも可能です。)

 

また、必要な保険金額は生活のシーンによっても変わってきます。例えば扶養者に万が一の事があった場合、子供が小さいうちはこれから必要な学費などを考えると多くの補償が必要です。子供がだんだん成長していくに従って必要な保障額もだんだんと減っていきます。

 

保険金額をあなたの状況に合わせて本当に必要な金額に設定する事は毎月の保険料の削減に繋がります。

 

保険の無料相談サービスでは経験豊富なファイナンシャルプランナーがあなたの状況や要望をしっかり聞き、家族や家計の状況を把握して時の移り変わりに沿った的確な保険金額を提案してもらえます。

 

保険相談無料 比較ランキングTOPへ

 

生保レディに勧められて生命保険に加入したものの、支払額が10年経過ごとに1.5倍とか2〜3倍に増えてしまうのにはっきり説明がなされていないケースもよく耳にします。これは定期特約付きの終身保険の10年更新型でCMでよく耳にする○○人生や○○ライフなど有名どころの主力商品はだいたいこれです。

 

―― なぜはっきりと説明がなされないのか ――

 

それは、そんな事を生命保険加入時に説明すればなかなか保険に加入してもらえなくなるし、当初から「10年後、支払額が上がるときにまた別の保険を提案すればいいや」という思惑があったりするからなんです。

 

生保レディなど保険外交員から保険の勧誘をされる時に毎月の支払額○○円と死んだ後いくら貰えるかは分かります。

 

しかし、満期まで払い続けて総額いくらになるのかの説明が抜けている場合も多いと聞きます。
保険会社に「生命保険はイメージで売るものだ。生命保険の内容はあまり語らなくてもいい」という風潮があった事は否めません。

 

もうひとつの理由はすすめる側の知識自体が不足しているという事も有ります。

 

あなたの周りの保険外交員は保険商品に特約をたくさん付けて保険金額や保険料を吊り上げようとはしていませんか?

 

このような人たちは間違いなく知識や経験が不足しています。自分の成績をあげる事しか頭にありません。マイホームの次に高い買い物と言われている生命保険の相談をする相手としてはどうでしょうか。

 

生命保険は一世帯あたりの生涯の支払い総額の平均が約2,000万という統計もある程、高額な買い物です。しっかり、比較検討吟味し、納得した上で加入したいものです。

 

しかしながら、今の保険の種類は多く、そのしくみは複雑難解です。自分で調べるにしてもなかなか一朝一夕にはいきません。各社の保険商品に付いている特約もバラバラでそれが更に保険の比較を難しくしています。

 

というわけで最近では生命保険の無料相談サービスを利用して保険を選ぶ人が増えているのです。

 

生命保険の無料相談サービスなら、たくさんの保険会社の商品の中からあなたにピッタリの保険プランを選べます。

 

必要な保障はしっかりと!余分な特約は削ぎ落とし、支払額は最小限に ― これが基本です。

 

保険相談 無料サービス ベスト3

ほけんの窓口
ほけんの窓口

ほけんの窓口は速水もこみちさんと薬丸裕英・秀美夫妻 のテレビCMでお馴染みの認知度No.1の来店型の保険相談無料サービスです。

 

現在、日本全国に関連店舗500店舗以上(ほけんの窓口、みんなの保険プラザ、ほけんの専門店の合計)展開中の来店型保険代理店です。

 

約35社の保険が取り扱える保険代理店であり、保険相談員はほけんの窓口グループ株式会社の社員という位置づけになります。

 

各店舗に最低1人はファイナンシャルプランナーがいますから希望すれば指定することが可能です。

 

生命保険だけでなく、自動車保険、地震保険などの損害保険分野の保険も幅広く取り扱います。保険の事なら何でも気軽に相談できるので利用しやすいと思います。

 

自宅に来られるより自分が出かけて行って相談したい方も、近くの店舗で気軽に無料保険相談を受けられますし、最近は訪問相談も始めたので希望すれば自宅での保険相談も可能です。

 

また、ほけんの窓口は●●生命などの保険会社とは違い、約35社もの保険が取り扱えるので幅広くもっと自由にあなたにピッタリな保険を提案してくれます。いろいろな保険会社の保険のイイとこ取りも可能ですし、保険の見直しの場合は加入中の保険に問題がなければそのまま継続するようにすすめてもらえるので安心です。

 

商売ですから最終的に良い提案ができて契約に至るのがほけんの窓口の目指すところですが、会社の方針として無理なお勧めはありません。相談したからといって提案された保険に加入しなければならないという事は全くないので気軽にネット予約して相談してみると良いでしょう。

 

相談実績累計100万件以上、生命保険相談が何度でも無料で受けられます。
保険見直し相談の場合は、加入中の保険証券を忘れずに持っていきましょう。

 

ほけんの窓口のお勧めポイント

生命保険だけでなく、自動車保険などの損害保険も相談できる。
約35社もの保険会社からピッタリの保険を提案してもらえる。
全国に多数店舗を展開。こちらから出かけて行って利用できる。
キッズスペースの設置多数。小さな子供連れでも安心。
保険加入のしつこい勧誘が無い。
相談実績累計100万件以上。
保険相談は何回でも無料。

対応地域 取扱い保険会社 特記事項
全国対応 約35社 損害保険も相談できる
ほけんの時間
ほけんの時間

ほけんの時間では保険のプロのファイナンシャルプランナーによる、保険相談サービスを無料で受けることができます。

ほけんの時間と提携しているファイナンシャルプランナーは固定の保険会社に属さないフリーな立場で、数十社の保険会社の商品から厳選してあなたにピッタリの保険を紹介してくれます。

 

ひと口にファイナンシャルプランナーと言っても、固定の企業に属しているFPか、独立系のFPかで提案できる保険商品が全く違います。
例えば、○○生命に属しているファイナンシャルプランナーや保険営業マンは当然ですが自社の保険しか紹介できません。

 

しかし、ほけんの時間のファイナンシャルプランナーは独立系で保険会社に属していないので数ある保険会社のいろいろな保険商品、特約のイイところだけを持ってきてあなたにピッタリの保険に組み直して提案する事ができます。

 

その結果、要らない特約はそぎ落とし、必要な保障はキープしつつ、支払保険料は最低限に抑える事が可能になります。
また、複数の保険会社の商品を組み合わせる事はリスク分散につながります。

 

さらに!今なら保険の無料相談で全員にJCBギフトカード6000円分貰えます!

 

ほけんの時間のお勧めポイント

全国対応で、自宅や職場など指定の場所まで来てもらえます。
ご希望に応じて女性のファイナンシャルプランナーが対応します。
スムーズな対応。翌営業日までに連絡してもらえます。
安心の実績。相談件数述べ30万件以上
100人に1人しか受からないMDRT資格者多数。
ペナリティ制度がある為、保険加入のしつこい勧誘が無い。
お客様満足度96%

 

対応地域 相談件数 特記事項
全国対応 30万件以上 顧客満足度96%

保険マンモス
保険マンモス

複雑な保険をビジュアルで解説!

保険料を3〜4割安くするテクニック満載の”保険マンモスの無料相談です。

 

保険マンモスでは保険のプロのファイナンシャルプランナーによる、保険相談サービスを無料で受けることができます。

 

提携しているファイナンシャルプランナーは固定の保険会社に属さないフリーな立場で、数十社の保険会社の商品から厳選してあなたにピッタリの保険を紹介してくれます。

 

面談を受けた方の中で「数百万円の家計節約をされた方」、「今までと同じ保険料で保障をより充実された方」、「プロが好む保険を初めて知った方」が急増しています。

 

そのサービスメリットの高さが注目されワールドビジネスサテライト、朝日新聞、読売ウィークリー、日経新聞、サンデー毎日、フジサンケイ、ビジネスアイ、正論、ベストプランナー、ベンチャービジネス、サーカス保険毎日新聞NHKなどのメディアで多数取り上げられています。

 

保険マンモスのお勧めポイント

 

保険マンモスのファイナンシャルプランナーは優秀でマナーも良くとても評判の良い事でも有名です。万が一、担当ファイナンシャルプランナーから保険加入のしつこい勧誘があった場合はイエローカード受付メールを送る事で直ちに担当FPの変更、登録抹消等の措置がとられるので安心して保険相談を受ける事ができます。

 

在籍しているファイナンシャルプランナーのほとんどが100人に1人しか受からないと言われているMDRT資格保有者です。
AFP・CFP・などの資格を保有者も多数在籍、みな平均5年の経験を持つベテランのファイナンシャルプランナーです。

 

保険相談業界のパイオニアとして抜群の認知度を誇っています。
顧客満足度、96%!!

 

※面談は自宅や勤務先など希望の場所に来てもらえます。また面談スペースを備えた事務所のある提携FPの場合は、FP事務所にて面談を行うことも可能です。

 

※対応保険会社は、紹介するファイナンシャルプランナーが扱える保険会社という位置づけになります。平均22社ですが主要な保険会社はしっかりおさえています。

対応地域 取扱い保険会社 特記事項
全国対応 平均22社 顧客満足度96%

 

保険相談の種類

大きく分けて保険相談には訪問型と店舗型があります。

 

訪問型保険相談はファイナンシャルプランナーや保険のアドバイザーが自宅や会社など依頼者の指定場所まで来てくれて保険相談を行うものです。

 

一方、店舗型の保険相談は店舗の相談窓口にこちらから出掛けて行って保険相談を行うというスタイルのものです。

 

訪問型の保険相談のメリットは何といっても相手がこちらに来てくれるということです。小さな子供さんがいらっしゃったりで、出かけにくい場合や近くに保険相談の店舗が無い時などはファイナンシャルプランナーに家まで来てもらえると、とても便利ですね。

 

また、多くの訪問型の保険相談の場合、来てくれるのはファイナンシャルプランナーというのが前提なので平均して保険の知識レベルが高い方が来てくれます。

 

一方、店舗型の保険相談のメリットはこちらが店舗に足を運んで外で保険相談できる事です。店舗型の保険相談の場合は担当者全員がファイナンシャルプランナーというわけでは無いけれど、自宅に来られるのに抵抗のある方はこちらがおすすめです。

 

自宅でなくても店舗でゆっくり保険相談ができるので、喫茶店などで周りを気にしながら保険相談する位ならこちらの方が良いかもしれません。小さなお子様連れの場合はキッズスペースを備えている店舗を選んで利用すると良いでしょう。

 

店舗型保険相談のもうひとつの利点として、相談した担当者が万一、仕事を辞めてしまった場合も保険相談の窓口店舗があるので問題なく他の人が引き継いでくれます。
この点も安心ですね。

 

保険相談は有料と無料のどちらが良いのか

保険相談には無料保険相談と有料保険相談があります。

 

有料の保険相談の方が報酬として相談料を貰う分、しっかりと相談にのる事ができるという意見があるのでその事について検証してみたいと思います。

 

有料保険相談を推奨している人達の言い分は無料の保険相談は、必要の無い保険を売りつけられるのではないか、小さな案件にはまともに時間をかけて貰えないのではないかという主張をしています。

 

この主張の根拠は保険相談 なぜ無料なの?にも書いたように無料保険相談を行うFPや保険相談窓口の収入源が保険の販売手数料であるということから、まず販売ありきの保険相談をされてしまうのではないかという事のようです。

 

それでは有料保険相談を実施しているFPの収入源は有料の相談料だけで、保険を販売したり、販売手数料を貰わないのでしょうか。

 

答えはノーです。実際には有料保険相談の相談料だけで食べていけるFPやアドバイザーはほとんどいません。ちょっと試算してみますね。

 

有料保険相談の1時間当たりの金額は大体1万円前後+交通費が多いようです。

 

1日=1万円×2人相談=日当:2万円

 

2万円×20日=1ヶ月:40万円

 

こんな風にコンスタントに相談が入る程、有料保険相談はまだ一般化されてはいません。
つまりは、有料保険相談の相談料だけでは経営が成り立たないということです。

 

保険の相談料の他に執筆、講演、研修などで収入を得る事ができるごく一部な方々を除き、有料保険相談のほとんどは相談料をとった上、保険も販売し、販売手数料も貰うのです。

 

有料の保険相談でも無料の保険相談でも保険を紹介して手数料を貰うならいったい何が違うのでしょうか。

 

少なくとも、有料保険相談は相談料で賄えるから保険を勧める事無く、無料保険相談よりもしっかりとした保険相談を行うという理屈は全く通らないと思います。

 

また、保険を勧める保険相談が悪かと言えばそうでは無いと思います。
不必要な保険を売りつけるようなのは論外ですが、逆に保険を全く勧めないような保険相談も意味が無いと思います。

 

なぜなら保険は無駄だから全て必要無いと思えばはじめから保険相談をする必要など無く、全て解約してしまえば良いし加入しなれば良いだけのことです。

 

保険はあくまでも病気や事故などのリスクがあった場合に今現在無いまとまった金額を用立てる為の金融商品なので保険の代わりに貯金していれば・・などと考えても無意味であるし、元がとれる、とれないなどと考えるのはナンセンスなのです。

 

そもそも保険のプロに保険相談をしたい人のほとんどはリスクにそなえて必要な保険は残したいし、今の保険では補償が足りない場合や、今現在の保険より良い保険があれば加入し直したいのです。

 

その上であまり必要でない部分はカットし、保険料は必要最小限に抑えたいのです。
それらの事を考えるとむしろ、保険相談では必要な保険は紹介するべきだと思います。

 

しかし有料保険相談を実施しているFPの中には保険を紹介しても手数料を受け取ることは無いと過剰に潔白を主張する方々もいらっしゃいます。

 

しかし、FPが保険を紹介して販売手数料を貰わないというのははっきり言って不自然だと思います。

 

相談者に必要だと思われる保険を紹介し、相談者が納得して加入されたなら手数料を受け取る事はFPとしてあるべき姿、堂々と貰えば良いのではないでしょうか。

 

相談者にしてもFPに「保険プランは紹介するけど自分で保険会社に連絡して契約してください。いざ保険金を請求する場合も自分で手続きしてください。」と言われたら「えー?やってくれないの!?」と思う方がほとんどだと思います。

 

後々まで責任をもって面倒をみるという意味でもやはり、保険の販売手数料は貰うべきでしょう。

 

結局のところ、保険相談の内容が純粋に依頼者の為のものになっているかどうかは有料、無料に関わらずFPの胸三寸、人柄やモラル、力量次第だと思います。

 

それなら無料の保険相談で充分ですよね。

 

本当の保険のプロは無駄な保障や特約を売ろうとはしません。常に相談者の側に立って相談者の利益を優先します。

 

その場その場の自分の利益よりも一期一会の出会いを大切にし、相談者の信頼を勝ち取る事こそが最終的に自分の親派を増やし相談者との間に太いパイプラインを結ぶ事ができる事を経験上、知っているからです。

 

「その保障額は多すぎるのでは?」「その特約は必要ないでは?」「今の保険に問題はないので見直しの必要はありません」など、自分の得にならない事でもしっかり教えてもらえます。

 

そしてそんな保険のプロに出会えた時はとても幸運です。ぜひお友人や家族にも紹介してシェアする事をお勧めします。一生を通してとても心強い相談者を得る事になるからです。

 

優秀なFPに出会えるかどうかは運があるので、保険相談も1ヶ所だけで決めずに2〜3ヶ所保険相談してみて比較し、納得するまで妥協せず、自分にあったFPを探すことが必要だと思います。

 

FPの側も比較される事で自然淘汰され、その結果、皆に支持される優秀なFPが残る事になります。

 

保険相談無料 比較ランキングTOPへ


ホーム RSS購読 サイトマップ